人間の腹部はとても複雑で、臓器の数も多くトラブルの種類も多くなります。

お腹に症状が出ると、「あ~昨日食べたものがあたったのかな?昨日食べすぎたかな?風邪かな?」と考えがちですが、ひょっとしたら何らかの病気のサインかもしれません。

もしくはお腹が元々弱い方は、お腹の調子が悪くなると体質だから、、、、と簡単に考えてしまうかもしれません。

慢性的にお腹のトラブルが発生する人が、病院へ行くとどこも悪いところはありませんと言われてしまうかもしれません。

それらの痛みにはひょっとしたら、自分が考えている原因とは違う理由があるかもしれません。

よくあるお腹のトラブルと原因

病気が原因

胃腸、肝臓、腎臓、子宮、卵巣などの臓器の機能に問題があり痛みなどの症状が出ている場合。

該当する診療科で、医師の診察を受け検査をしてもらいましょう。

ホルモンが原因

ホルモンバランスの乱れが原因で、腹痛、ガス、吐き気などの症状が出ている場合。

月経前症候群などは婦人科で医師の診察を受けて、治療を受けましょう。

ストレスが原因

不安や仕事上のストレスや人間関係の悩みが原因で、自律神経の乱れが生じ腹痛や便秘などになる場合。

ストレスを緩和する方法を見つけ、ストレスが溜まらないようにしましょう。

生活習慣が原因

睡眠不足、過労などが原因で、お腹の調子が悪くなり便秘や下痢になっている場合。

食生活の改善をし、プロバイオティクス食品など腸内環境の改善に努めましょう。

体質が原因の場合

幼少の頃から、下痢を起こしやすい。

時間をかけて食生活の改善をしましょう。

薬が原因の場合

常用している薬の副作用でお腹に不調が出ている場合。

処方している医師や薬剤師に相談し、副作用が出ないものを紹介してもらいましょう。

↓↓↓お腹のトラブルが続く人におすすめ↓↓↓