女性が男性に比べお腹の不調をうったえやすいのは生理があるからです。

生理前になると便秘になる、便秘になると下痢になってしまうなど、生理の前後でお腹の不調を覚えたことは有りませんでしょか?

これは生理前にホルモンバランスの変化が起こったり、生理中に分泌されるホルモンが原因で起こっているのです。

生理が定期的に起こるのは、エストロゲンとプロステロンという2種類の女性ホルモンが分泌されることで起こります。

この2種類のホルモンは女性なら誰にでも分泌され、女性の体調を左右される大切なホルモンです。

生理前にはプロゲステロンの分泌が上昇しますが、このホルモンの分泌が腸の働きに影響し便秘になりやすくなると考えられています。

生理が始まると子宮の内膜が剥がれてプロスタグラジンと呼ばれる生理の痛みの原因となる物質が分泌されます。

このホルモンは逆に腸の働きに影響を与えて、下痢を引き起こします。

このようなりホルモンの変化により、女性は生理の時に便秘や下痢になるのです。

更にこの時期は、女性ホルモンの影響により神経が過敏になるので、生理痛がひどくなる場合があります。

このような理由で、女性は生理の前後で症状が出る場合があるので心構えをすると良いでしょう。

どのような時期にこれらの症状が出るかは、基礎体温をつけることで生理日を予測できるので対処し易くなります。

↓↓↓生理前に便秘になるひとにおすすめ↓↓↓