何日も続くような便秘の時は、腸に炎症ができたりして血流が悪くなり腸壁が厚くなります。

むくみの原因は、血流が悪くなることが原因なので便秘を放置して腸の血流が悪くなるとむくみも出やすくなります。

不規則な食生活をしている時にむくむのは、腸の血流が悪くなることが原因となります。

こんな時に、便秘だからと言って下剤などを使用すると、腸の炎症から血流の悪化につながりむくみは余計にひどくなります。

下剤は腸を刺激する事で無理やり排便させる薬で、本来は一時的な使用を想定しているものなので、下剤を常用することで腸にダメージを与え便秘がひどくなるという悪循環に陥ってしまいます。

むくみの解消法

むくみの原因となっている腸の活力低下から回復し、腸が元気になれば血流も良くなり全身に栄養を運ぶ新鮮な血液が全身に運ばれ、細胞に酸素や栄養がいきわたり体調も好転することでしょう。

腸は消化管であることから食事に気を使う事も大切ですが、腸は自律神経によってコントロールされています。

自律神経とは、呼吸、心拍、腸の消化・吸収など生命維持に必要な活動をコントロールしているいわば生命維持装置のようなものです。

この自律神経の乱れには実は、セロトニンというホルモンが有効でこのホルモンを分泌されるには腸内環境の改善が有効なのです。

セロトニンは、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスを取っているので、心と体の状態を調整しています。

セロトニンは、ストレスで生じる様々な症状、不眠・不安・心の緊張・マイナス思考・自律神経のバランスの乱れなどを解消し、別名幸せホルモンとも呼ばれています。

実はこのセロトニンの9割は腸に存在し、腸内環境が乱れるとこのセロトニンの分泌にも影響が出て自律神経が乱れます。

つまり、腸内環境の改善は自律神経のバランスの改善につながりむくみの解消にもつながるのです。

腸内環境を改善するには、善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌の摂取が大切ですが、これらの効果を期待するには胃酸や熱で死滅しない強い善玉菌を選ぶ必要があります。

↓↓↓むくみの解消法を探している方はコチラ↓↓↓