便の色というのは、通常は「茶色」もしくは「黄色っぽい茶色(黄土色)」のような色になっていますが、体内に異常があると便の色が変わるということがあります。

特に消化器官に異常があった場合には便の色で判断することが出来る事が多いので、早期の発見のためには便の色をチェックするといいでしょう。

体内に異常があった際の便の色としては、「黒色」、「白色」、「緑色」、「赤色」などが挙げられます。

まずは便の色が黒いという症状の場合ですが、これは消化器官の中で肛門より遠い部分で異常があるケースが多いです。

胃や食道、十二指腸などで異常があり、中には嘔吐した際の色がおかしいというような症状が出る場合もあります。

次に便の色が白いという症状の場合は、肝臓や胆嚢に異常がある場合が多く、肝炎や肝臓ガン、胆管ガンなどの可能性もあります。

さらに、白い便で下痢状だった場合は、ロタウイルスに侵されている可能性もありますので、早急に病院で診断を受けてください。

次に便の色が緑色になっているという場合ですが、こちらは大腸や小腸に問題があるとされています。

新生児の排便が緑色になっているということはよくあることですが、これは胆汁が機能していないため便の色付けが出来ていないからだともされています。

緑色の便の際には病気に罹っているというケースが少ないことも挙げられますが、食中毒や小腸や大腸の一部が炎症を起こしているというような事があります。

炎症を放っておくと治ることもありますが、より悪化させて手術をしなければならなくなるケースもあります。

最後に便の色が赤いという場合は、消化器系の中でも肛門に近い部分で出血している可能性が高いです。

大腸炎や大腸ポリープ、大腸がんといった大きな病気の可能性もありますが、イボ痔や切れ痔というような痔を患っていても、
血便が出ることがありますので、赤い便が出たら体調に異常が無くても病院に行ってください。

このように、便の色が通常と異なるというだけでも、様々な病気の可能性があります。

まずは病院に行って診断を受けるということが大切ですが、その際に患者から申告することによって病気を推察することが出来る様になるので、早期の治療を行うことができることもあります。

そのため、自分がどんな症状になっているのかということを熟知しておくことが大切です。

↓↓↓下剤に頼らない便秘に良い食べ物を探している方はコチラ↓↓↓