便秘になるとニキビや吹き出物が出てしまうという方が多いのでしょうか?

便秘とニキビって関係ないと思われるかもしれませんが、実は便秘が原因である可能性があります。

ただでさえ便秘でイライラしているところにお肌のトラブルが重なると精神衛生上もよくありません。

では、便秘とニキビや吹き出物にはどのような関係があるのか解説していきたいと思います。

便が大腸に溜まる

便秘とは、腸がなんらかの原因で活力が低下して便が大腸に滞留して出ない状況を指します。

腸内には腸内細菌が存在し共存していますが、人間の健康に資する働きをする善玉菌と人間の健康に有害な働きをする悪玉菌が存在します。

善玉菌のエネルギー源は、オリゴ糖や食物繊維と呼ばれる人間の消化器官では分解できず大腸まで到達した栄養素ですが、悪玉菌のエネルギー源は人間の食べた脂質やタンパク質で、便に含まれる消化されなかったこれらの栄養成分が悪玉菌の活動エネルギーとなります。

悪玉菌はこれらの脂質やタンパク質を分解し代謝をすると、代謝物としてインドール、アミン、スカトールなどの有害物質を生成します。

これらの有害物質は腸内で吸収され、腸にダメージを与えますが、加えて血流に乗り全身へ運ばれます。

これら皮膚組織まで運ばれた毒素が皮膚にダメージを与えることでニキビや吹き出物が出る原因となるのです。

便秘で大腸に便が滞留すると便が臭くなりますが、これは悪玉菌が便を腐敗された毒素が悪臭を伴うガスになるのです。

肌ケアに便秘改善

肌のトラブルと言うとスキンケア用品が頭に浮かぶものですが、原因は便秘である可能性があります。

善玉菌を摂取すると腸内で有機酸と呼ばれる乳酸、酢酸を生成し、それら有機酸は腸内を酸性にするので酸性の環境が苦手な悪玉菌を減少させます。

もし、便秘を伴っている肌トラブルである場合は、善玉菌の摂取をおすすめします。

↓↓↓下剤に頼らない便秘に良い食べ物を探している方はコチラ↓↓↓