人間の腸内には、100兆個の腸内細菌が棲息しておりその種類は500種類にも及ぶとされます。

それらの細菌は種類ごとに密集してコロニーを形成し、花畑に見えることから腸内フローラと呼べれています。

これら腸内細菌のバランスが健康に及ぼす影響は大きいことから最近研究が進んでいます。

太古より、細菌が原因である病気により多くの人間が犠牲になってきましたが、人類の科学の進歩とともに細菌の謎が徐々に明らかになり、人間の対策は急激に進歩しました。

人類の細菌に対するアプローチは、以前はアンチバイオティクスと呼ばれる、殺菌、抗菌の役割を持った抗生物質に代表されるような、人体や人間の居住空間からの排除というスタンスでしたが、現在の研究では人間に有益な細菌が次々に発見されたことから、これら有益な細菌を積極的に利用しようとする、プロバイオティクスが注目を集めています。

腸内細菌には、大きく分けると人体に有益な働きをする善玉菌、これは乳酸菌やビフィズス菌などが該当し、人体に有害な働きをする悪玉菌、これはウェルシュ菌や腸球菌などが該当し、日和見菌と呼ばれる善玉菌が優勢の時は善玉菌に味方し、悪玉菌が優勢な時は悪玉菌に味方するという細菌で、これら3種類に大別されます。

この3種類の腸内細菌の中で、善玉菌と呼ばれるグループの細菌を食品などで積極的に摂取し、健康に役立てる健康方法をプロバイオティクスと呼ばれています。

プロバイオティクスの要件

  • 胃酸や胆汁酸などによって死滅せずに腸まで届くこと
  • 腸内で増殖できること
  • 腸内フローラのバランス改善や、腸内の腐敗物質を減らす効果があること
  • 抗菌性物質の生産や、病原性を抑制する作用があること
  • 食品として安全性が高いこと
  • 簡単に摂取・飲用できること

プロバイオティクスの効果

善玉菌には、乳酸菌やビフィズス菌があると前述しましたが、ここで更に詳しく解説致します。

人間の大腸には善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌が生存し人間の健康維持に貢献し、悪玉菌が増えると腸の老化が進み、有害物質を産生します。

乳酸菌は、人間が摂取した難消化性の栄養源であるオリゴ糖から乳酸をつくる細菌の総称でビフィズス菌は人や動物の腸内に生息していて、こちらも病気や老化の原因を防ぐはたらきをし、乳酸以外にも酢酸を作ります。

つまり、善玉菌は腸内で乳酸や酢酸などの有機酸を産生しこの有機酸が様々な健康効果があるのです。

まず、善玉菌が生成した有機酸は腸内を酸性にするので、酸性の環境が苦手な悪玉菌の増殖を抑制させます。

また、有機酸は腸に活力を与えるのでぜん動運動が活発になり、便秘などの便通異常を解消させる効果があります。

更に、この有機酸は免疫力を高めたりアレルギーの抑制効果があることから注目されています。

最近ではこの有機酸が大腸内で病原菌大腸菌O-157の毒素の吸収を抑制することもわかりました。

ただ、プロバイオティクスは善玉菌の種類によって、胃酸や胆汁酸に弱いものもあるため、その効果を発揮させたい場合は胃酸に負けない強い菌を選ぶ必要があります。

↓↓↓胃酸に負けない強い善玉菌を探している方はコチラ↓↓↓

ランキングバナー