腸内環境

便秘になってしまい、下剤や便秘薬を飲み便を出すということが多いようです。

薬を飲めば薬の作用で排便ができますが、薬の作用はその場限りの対処であって根本的に解決する方法ではありません。

薬を飲み続けなければならないことに加え、副作用や腸の力を弱めることにもなります。
いずれ同じ繰り返し症状をぶり返すことに終始してしまいます。

腸内環境を改善させると腸年齢の若返りに加え便秘が解消されることが多いとされます。

加齢とともに変化する腸内フローラとは

人間の腸内にいる腸内細菌は、腸内に500種類、100兆個の腸内細菌が棲息しているとされ総重量は1.5kgにもなるようです。

これらの腸内細菌がバランスを摂り棲息している状態を腸内フローラと呼びます。

この腸内細菌のバランスは年齢とともに変化します。

乳幼児の腸内では9割がビフィズス菌で、悪玉菌と呼ばれる大腸菌やウェルシュキンはわずかですが、青年期、老年期に向かってバランスが変化し、ビフィズス菌は減少し悪玉菌が増殖し老年期ではこのバランスが逆転しビフィズス菌が腸内にみられない人もいるくらいです。

ですので、20歳以降の人は意識的に善玉菌と呼ばれる乳酸菌やビフィズス菌を摂取しないと善玉菌は減る一方です。

これら善玉菌は腸内で有機酸と呼ばれる乳酸などを産生し腸内を酸性に保つことから三栄の環境を嫌う悪玉菌の増殖を抑制します。

腸内環境の悪化とは

腸内環境を悪化させている原因は悪玉菌に代表される「毒素」となっています。

悪玉菌については、テレビやワイドショーなどでも頻繁に話題に上がっているので名前を知らないという人は少ないと思われますが、悪玉菌が及ぼす影響に関して知っている人は意外と少ないです。

そこで、まずは悪玉菌が体内でどのような影響を与えるのかということについて紹介していきます。

悪玉菌は大腸内にあるものを「腐敗させる」という影響を与え体内にあるものが腐敗すると「毒素を発生する」ということになります。

この悪玉菌は、腸内でタンパク質や脂肪を分解して、インドール、アンモニア、スカトール、硫化水素、アミンなどの有害物質を産生します。

ここで発生した毒素は腸内から吸収されて肝臓で分解されて血液中に流れるということになるのですが、少量の毒素で肝臓が健康体なら何の問題もないのですが、毒素が多いと肝臓が疲弊してしまい、正常に浄化することができなくなってしまいます。

その結果、肝臓の働きも弱まってしまって、本来は様々な身体の不備を改善してくれる器官の肝臓が働かないので、他の内臓にも負担を掛けてしまうということが挙げられます。

これが悪玉菌が体内に与える影響となります。

これらの腸内の腐敗は老化につながり高血圧や生活習慣病を引き起こし、老化を早めます。

体内の内容物を腐敗させるという働きをするだけですが、その結果は様々な身体のトラブルを引き起こす要因になってしまうということになります。

腸内環境の改善法

善玉菌を増やす

悪玉菌が優勢になると腸管運動が阻害されたり便の腐敗から体内に毒素が体内にめぐってしまいます。

腸内環境の悪化は、便秘だけではなく肌荒れや悪臭はもちろん内蔵にもダメージを与えてしまいます。

この悪玉菌を排除するためには何が必要なのかということになるのですが、悪化を防ぐには、善玉菌を増やす必要があり、善玉菌の摂取や増やすように善玉菌を多く摂取する食生活に改善すると良いでしょう。

善玉菌は悪玉菌を排除して、腸内環境を整えるという働きを持っているので、免疫力が高まり、新陳代謝も良くなるというプラスの働きが非常に多いのが特徴的です。

善玉菌は元々腸内に発生している菌なので、それを活発化させるか外部から補充するといったことが重要です。

↓↓↓下剤に頼らない便秘に良い食べ物を探している方はコチラ↓↓↓

ランキングバナー