手軽に手に入る便秘薬は、便秘に悩む人にとって身近な解決法なので利用されている方は多いことでしょう。

処方無しにドラッグストアなどで簡単に購入出来ることから、常用者が多い薬の一つです。

便が大腸に滞留する事で引き起こされる体調不良や病気を考えると便秘が出ない場合には、便秘薬を使うことは仕方が無いことかもしれません。

ただし、便秘薬は、一時的に便を出すための薬で便秘の原因を解消し根本的に治すものではないことを認識しなくてはなりません。

また、便秘薬・下剤には副作用があり、長期の常用は腸の活力を退化させ便秘を悪化させてしまう可能性があるのです。

便秘薬・下剤の副作用

腸を刺激して排便を促すタイプの便秘薬は、即効性も有り効果を実感できるので長期の使用から依存症になってしまう方が多いのです。

便秘薬は刺激が強いことから、腸はやがて刺激に慣れてしまい効果が無くなるので、使用量が増えていきます。

強い刺激が続くので、腸の活力が低下してしまいよけいに便秘がひどくなるのがこのパターンです。

刺激の弱い、緩下剤でも腎機能障害を引き起こす事で知られ、長期間使用すると、高マグネシウム症により腎機能の障害を引き起こします。

このように、便秘薬・下剤の常用は副作用が顕在化するのです。

便秘薬(下剤)の弊害 腸機能の低下

刺激性下剤の下剤の常用は、腸が強い刺激で慣れてしまい、腸のぜん動運動が弱まるので、短期的には便が排出されすっきりできますが、長く使っていると腸の活力が次第に弱り便が出なくなり薬の量が増えるという悪循環になってしまいます。

使い始めは、即効性がありすっきりしますが、使い続けていると、効果を感じなくなり便秘への不安から複数の薬の使用や量を増やし更に刺激の強い便秘薬が必要になってしまいます。

薬に慣れた腸は、自律運動する機能が低下し、蠕動運動をしなくてはいけないのに、しなくなってしまいます。

便秘薬(下剤)の依存症

便が長期間で無かった人にとって、即効で出るということは安心感から薬が手放せなくなります。

薬は薬学的こうかというよりもこの精神的な依存の方が影響が多く、このようにして薬を止められなくなってしまうのです。

↓↓↓下剤に頼らない便秘に良い食べ物を探している方はコチラ↓↓↓