子供

子供の便秘

便秘に悩まされる方は多いですが、子供でも便秘になることはあります。

子供が便秘になるきっかけは大きく分けて3つあります。

  • 小食や偏食
  • 排便の習慣
  • 運動不足

幼児の便秘は乳児期の離乳食が始まる頃で多いようですね。

食べるものが変わることと、水分の不足が考えられます。

また、慣れない食生活で、うまく離乳食が進まないことでストレスを受けることも影響しています。

十分に水分を与え、お母さんも余裕を持って離乳食を取り組むことが大切です。

小食や偏食

子供は色が付いている野菜などを嫌ってしまい、偏食になる場合があります。

偏食から便秘になる子供がいるのでこのポイントを注意しましょう。

食べる量が少ないと便の量も減り腸での滞留時間が長くなり便から水分が抜け硬くなり、排便がスムーズにならない場合があります。

幼児期のトイレトレーニング

子供はトイレが嫌いなので、トイレに座る習慣が身に付いていないケースも考えられるでしょう。

また、トイレで排泄が上手に出来ないことで落ち込んだり、叱られたりすると排便は嫌なものという意識が生まれ我慢してしまいます。

この時期の便秘が最も多いとも言われています。

遅かれ早かれいずれはトイレでできるようになるので、長い目で見てあげて失敗しても温かく見守ってあげることが大切です。

そして、小学校への入学です。

環境の変化から生まれるストレスや学校内での排便の我慢することが便秘のきっかけになる場合も有ります。

排便をしないことで便が直腸にある状態が長くなると、便意が鈍くなります。

便意の我慢続くと便意が無くなってしまいます。

便意が鈍くなり、ますます溜めることで硬くなったり、排便時に痛みを感じるなど出にくくなるという悪循環が生まれてしまいます。

便秘には適度な運動、食生活の見直しなどがありますが、子供の便秘のほとんどはストレスや我慢など精神面が影響しています。

問題を解決するにはやはり親御さんの協力がとても大切です。

日ごろから排便の回数を把握しておいたり、ストレスを感じているようなら話に耳を傾けるなど様子を見てあげて下さいね。

子供の便秘の解消法

便秘の時に便通によい食べ物を摂るのが良く、イモ類や豆類、野菜類、果実類や海藻類などを食べさせるようにしましょう。

イモ類や豆類、野菜類などが嫌いな場合は、細かく切り刻んで分からないように子供の好きなハンバーグなどに入れると良いでしょう。

毎日、決まった時間にトイレに座らせてトイレに行くように習慣づけましょう。

便意が無くても、トイレに行く習慣づけることで排便のリズムが生まれます。

就寝中は大腸の運動が弱まりますが、朝食を食べることで、刺激を受け便意が起こりやすので朝食は必ずとるようにしましょう。

子供(幼児)の便秘解消に良い栄養成分は、善玉菌とオリゴ糖、マグネシウム、ビタミンC、食物繊維です。

オリゴ糖は乳酸菌の王様ビフィズス菌のエサとなる成分なので、オリゴ糖を摂ることで腸内の善玉菌を増やしてくれるのです。

善玉菌が増えることで、腸が活発に働きくので、便秘を解消するのです。

オリゴ糖は、だけでは効果が無いので、善玉菌と一緒に摂取するようにしましょう。

↓↓↓子供でも安心の便秘に良い食べ物を探している方はコチラ↓↓↓